2010年11月20日

ハチの産卵管







フシダカヒメバチ


Originally uploaded by mayfly jpn


秋の朝、11月になると冷え込んで来ているので昆虫は少ない。

カナムグラの葉の上にとまった小さなハチも動かない。それにしても、、、ずいぶん長い毒針???



体の半分以上もあるこの針は、バッタやコオロギで見たことのある、あれですね。

産卵管ですか。バッタのように土の中に卵を産むために?。

いや、ハチと言えば寄生でしょうね。他の虫の幼虫なんかに産卵するためのモノでしょう。



後で名前を調べてみるとフシダカヒメバチという名前のようです。

posted by ponta at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然観察(動物)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41790307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック